失敗しないトイレリフォーム

失敗しないトイレリフォーム 生活環境は、快適で便利な状況を作り出したいと誰もが思うでしょう。使い勝手が悪くなると、改善する方法を考えますが、その方法の一つとしてリフォームがあります。
トイレも快適な環境を求める場所です。自分一人の空間だからこそ、清潔で快適な環境が必要になります。トイレリフォームといっても色々と種類がありますので、ある程度知識を持っておくことが大切です。



■安全に使える空間

トイレリフォームの決断には、いろいろな過程があります。生活空間として、利便性を失ったときは、リフォームして解決しなければいけません。家族の年齢も変わり、子供たちが成長していく中で、自分たちが老いていく状況も生まれます。トイレの使用状況も変わり、これまで問題がなくても使い勝手が劣るときには、リフォームが必要です。
いろいろな方法がありますが、例えば便器を入れ替えて広くすることも可能です。空間が広くなれば快適になりますし、手すりといった付属品を取り付けるスペースも確保できます。タンクレスにすれば、確実にスペースが生まれます。
車いすを利用する場合にはどうするのかも考慮しなければいけません。車いすはサイズがあり、間口も確保しなければ便器までいけずに利用が難しくなります。間口が取れなくても、手すりや扉の配置を変えるだけで使い勝手が向上することもあるため、専門の業者に相談してみましょう。

■快適な環境を作る
快適な空間を作るのもリフォームです。時間とともに便器だけが劣化するのではありません。床や壁も劣化が進み、快適とは言えない環境になります。設計的な問題の改善にもリフォームが必要です。できた当時は快適であっても、今の設計から見れば物足りない場合は珍しくありません。広さの問題もありますし、便器の高さも今とは違います。高さが異なれば、他の設備の位置も違いが生まれるのは、使い勝手に影響する部分です。
リフォームするときには、壁も床も手を入れられます。ヒートショックなども話題に上がる中、トイレを暖かな環境に変えるのは重要な意味があります。床材や壁材を断熱性のあるものに変えれば、トイレ室内の温度は大幅に変化するため、安全性の高い空間を作れます。こういったリフォームは便器などを取り外さなければ簡単にできません。リフォームを考えるときには、同時にできる範囲はどこまでなのか分析することも大切です。

■失敗しないリフォーム

トイレリフォームをするのなら、失敗しない選択が必要です。大掛かりな工事も必要で、費用もかなりかかります。高額な費用をかけてリフォームをしても不便な環境が変わらなければ、これは失敗といえるでしょう。
失敗例としては、おしゃれな空間を作りたくて、壁紙にも雰囲気のあるものを入れて照明も間接照明にした結果、実際に使ってみると、光量が足りず、薄暗くて使い勝手が悪くなってしまうことです。また、廊下やリビングと統一性を持たせるために無垢材を使ったら、シミが抜けなくなることもあります。トイレは水と無縁ではありません。掃除をするときにも水がかかります。無垢材は水分に弱いため、トイレに使えばシミができて抜けない場合が出てきます。耐水性の問題も考えてリフォームするのがポイントです。

■まとめ
リフォームには、必ず知識が必要です。自分たちの理想を叶えるために、いったいどんなかたちにするべきか、不満点の解消に役立つかどうかは、知識があってはじめて対応できます。自分たちではわからない条件もいろいろと出るはずですが、専門家であれば解決の手段の引き出しもたくさんあるでしょう。快適なリフォームにするためにも、何かトラブルがあり解決したいときに相談してみるのが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース