トイレの水漏れとともにトイレリフォーム

トイレリフォームを考えるポイントはいくつもあります。そのひとつがトイレ 水漏れです。致命的な問題も抱え、修理にも手間や時間がかかるため、費用的な負担を考えても同時にリフォームするのも効率的な方法になります。

■便器を取り外す必要があるケース

トイレの水漏れは、大きなトラブルのひとつです。部品の交換程度で直せる場合には、そこまで大きな工事は必要ありません。自分でも修理できる可能性がありますが、便器本体に問題があり水漏れするケースでは、交換が必要です。陶器でできている便器は、ひび割れが起こると元には戻りません。時間をかけても状況は悪化するため、早期の交換が求められます。
便器の床面から水が漏れているケースでは、排水管のパッキンが傷んでいる状況が考えられます。交換すれば直りますが、そのためには便器を外さなければいけません。かなり大掛かりな工事になります。


■床材の交換も効率的

便器を外すようなケースでは、床材の交換も同時にできます。便器は床材の上に乗せられるため、どうしても取り外しが必要だからです。排水側のパッキンの交換であれば、同時にリフォームをするのが効率的な選択になります。
便器を取り外せば、費用もかかりますし、時間も必要です。手間も同じだけ発生すれば、費用負担も大きくなるため、同時におこなうのは費用の面でも効率が良い選択になります。




■まとめ
便器の取り外しは、普段おこなうものではありません。まずは不満点を相談してみるのがポイントです。トイレリフォームによって要望を叶えられる方法が見つかるかもしれません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ