トイレリフォームで手洗い場も考える

トイレリフォームを考える理由には、使い勝手の向上もポイントになります。機能的に優れた空間を目指すのもひとつです。限られた空間だからこそ、手洗い場なども考慮して使い勝手のいいトイレリフォームを目指さなければいけません。

■スタイリッシュに変えていく

トイレには、必ず手洗いが必要です。以前は、トイレの中に手洗い場も作られていましたが、狭くなるためあまり機能的とは言えないものでした。現在は一体型のトイレなどで、上部に手洗い場を取り付け空間を広くする方法も取られます。洗った水はそのままタンクに収まるだけではなく、以前のものよりもスタイリッシュなデザインとなるため、空間の効率化にもつなげられる方法です。



■手洗い場の位置

手洗い場の老朽化によって、リフォームをする場合も出てきます。蛇口 交換も必要になり、老朽化した部分を撤去してしまう方法も考えられるでしょう。蛇口をできるだけ手で触れないで済むタイプにすれば、衛生的にも効率的な空間ができあがります。トイレのリフォームというと、本体ばかりに目がいきがちですが、効率的に使うためには、手洗いの使い勝手も検討すると間違いありません。



■まとめ
トイレリフォームは、総合的な判断が必要です。便器の交換だけではなく、トイレ空間として全体的に使い勝手が向上するか、快適になるのかを検討することが大切です。利便性を向上させるとともに、空間として狭くなってしまわないかといった配慮も必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ