トイレリフォームの前に調べること

トイレリフォームには、必ずお金と時間がかかるため、それだけの結果を得る必要があるでしょう。小さな不具合を感じた時から、リフォームはスタートします。しっかりと解決するためには慎重に検討しなければいけません。

■電源の有無

トイレリフォームのきっかけになるのは、使い勝手が劣るときがあげられます。もっと快適なトイレを求めるなら、新たな便器を入れる必要も出てくるでしょう。既存の便器を交換するなら、いろいろと設備がそろっているかチェックしなければならない項目があります。そのひとつが電源です。
現在のトイレには、ウォシュレットなどが取り付けられているケースがほとんどです。リフォームしたい条件のひとつにもなりますが、そのためには電源がなければ稼働できません。現在近くにない場合には、別途電気工事が必要でさらに費用がかかります。

■床排水方式と壁排水方式

排水方式の問題も重要です。床排水方式と壁排水方式がありますが、この違いは便座の形状の違いともつながります。
一般的には床排水方式を取りますが、マンションでは床下のスペースがとりにくく、壁に集中配管するため、壁排水方式が採用されることもあります。壁排水方式の場合には、便器をぎりぎりまで壁に寄せられますが、床排水方式は排水管の位置に合わせなければいけません。便器の位置によって、空間の大きさに影響するため、大事な要素です。



■まとめ
トイレリフォームの前に、自分の家のトイレがどうなっているのか確認が必要です。そこまで難しいものではなく、配管ものぞいてみるとすぐにわかります。普段は気にする部分ではありませんが、リフォームするときにはしっかりチェックしておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ