トイレリフォームの中心となる便器の種類

トイレリフォームをする場合、どんな便器にするのか、いろいろな検討を重ねます。既存のかたちのトイレにするのか、タンクレスにするかだけでも大きな違いです。費用的な部分も出てくるため、何が違うのか知っておく必要があります。

■タンクのスペースがいらないタンクレス

話題に上がるようになったタンクレスは、その名の通りトイレからタンクがなくなったものです。水をためておかない構造で、必要に応じて水道から必要な量を直接引き込みます。見た目にもシンプルで、タンクがない分だけ広くとれるのは大きなメリットです。掃除もしやすくなり、解放感も得られるほか、広くなった分だけバリアフリーにも寄与します。空間のカスタマイズがしやすく、トイレリフォームの幅を広げてくれる便器です。
問題は水圧がなければ使えない点です。一定以上の水圧が求められるため、事前に検査しておくと安心でしょう。


■タンクがあるけど目立たない一体型

タンクレスに似ていますが、実はタンクを持っているのが便座一体型です。これまでは別に設置していたタンクを一体にしているため、スタイリッシュな雰囲気を持っています。邪魔な設備がなくなるため、掃除もしやすく空間を広げられるのが特徴です。既存のタイプとタンクレスの中間的なデザインで、水圧の弱点もカバーできます。




■まとめ
トイレリフォームの基本となる便器もどんどん進化しています。他にも収納一体型などもあり、空間をどのように使うのかで選び方も変わってきます。設置に条件も出てくるため、どこまで取り付けられるのか、一度検査するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ